専門家に聞く、「来年ねらい目の企業、危ない企業は?」【座談会シリーズ第三弾】

2020年9月3日キャリア

こんにちは!緊急事態宣言による影響で、あらゆる業界が苦しんだ2020年。

これから就活を始める大学生は、不安でたまらないですよね。
今回は、そんな不安の中にある22卒の大学生3人が、法政大学 キャリアデザイン学部教授の田中研之輔先生に思いの丈をぶつけました。
「来年以降、危ない企業は?」「不況に強い会社は、どうやって見分けるの?」など、22卒のための情報をたくさんお聞きしたので、ぜひ読んで見てください。

田中 研之輔先生の授業・プロフィール - Schoo(スクー)
田中 研之輔 たなか・けんのすけ 
UC. Berkeley元客員研究員 University of Melbourne
元客員研究員 日本学術振興会特別研究員SPD 東京大学 博士:社会学。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。 専門はキャリア論、組織論。<経営と社会>に関する組織エスノグラフィーに取り組んでいる。著書25冊。『辞める研修 辞めない研修–新人育成の組織エスノグラフィー』『先生は教えてくれない就活のトリセツ』『ルポ不法移民』『丼家の経営』『都市に刻む軌跡』『走らないトヨタ』、訳書に『ボディ&ソウル』『ストリートのコード』など。ソフトバンクアカデミア外部一期生。専門社会調査士。社外取締役・社外顧問を18社歴任。新刊『プロティアン―70歳まで第一線で働き続ける最強のキャリア資本論』。最新刊に『ビジトレ−今日から始めるミドルシニアのキャリア開発』

▼22卒の座談会メンバー
東京農業大学3年 正木佑磨
上智大学3年 須賀田香帆
東京農業大学3年 大森泰河

来年ねらい目の企業、危ない企業は?

田中教授:みんなが厳しくなっていくイメージがあるのは?

大森:観光、飲食系など、ですかね・・・。

正木:僕は、コンサルや広告がヤバいんじゃないかと思ってます。
事業が傾いていく中で、真っ先に倒れる気がしているので・・・。

田中教授:みんな、いい予想をしてるね。
今出た業界を、大きく二つに分けることができる。まず、飲食、観光、交通系など。これは第一波だね。

そして、その影響で次にダメージを受ける第二波。ここに、広告業などが入ってくる。
ここで、帝国データバンクの「新型コロナウイルス関連倒産」を見てみよう。

ここに載っているのは、

コロナ不況の影響を最前線で受けた「第一波」の業界。ホテルや旅館から、飲食店、アパレルなどがあるね。
そして、この先の余波を見るためにも、このサイトはチェックし続けるといいよ。
大事なのは、感覚で判断せず、データで見ること。

正木:逆に、今回のような外部環境の変化に強い会社の見極め方はありますか?

田中教授:まず、複数事業で成り立つポートフォリオを組んでいる会社は強い。逆に、単一事業モデルはこのような波に弱いことを覚えておいてほしい。

航空業界やテーマパークのような、収入の多くを1点集中させている企業よりも、複数の事業で成り立つビジネスモデルを持つ企業を選ぶのがコツだと思うよ。

須賀田:来年受けるべき、伸びる企業はどうやって見分ければいいのですか?

田中教授:今、特にダメージを受けているのは、「固定費がかかっている」企業だよね。賃料・人件費・店舗維持費・・・など。
逆にそれが少ない「通信・IT系」「IoT系」の産業は安定していると思う。

そのような企業は、採用人数も増えるかもしれないが、同時に人気が高まるので、厳しいことには変わりない。時間のあるときに、経済の流れを見極めるのが大事だね。

まとめ
・経済ダメージは拡大する。
・複数の事業で成功している企業は安定する傾向にある。
・IT系は伸びると予想されるが、人気も上がる。
▼座談会シリーズ その他の記事はこちら

「21卒の就活、どうなってるの?」【座談会シリーズ第一弾】

「来年、22卒の就活はどうなる?」【座談会シリーズ第二弾】

「22卒は今、何をすべき?」【座談会シリーズ最終回】

2020年9月3日キャリア

編集担当者 青山裕香