趣味の動画作成がバイトに! 動画編集で稼ぐ大学生を取材

2020年9月3日キャリア,趣味

こんにちは!近年、Youtuberなどの職業が一般的になりつつあり、動画編集スキルへのニーズも高まっていますよね。5Gの時代が来ると、そのニーズはより一層強くなることが予想されます。

実は、大学生でも動画編集を学ぶことができるのです。今回は、大学2年生ながら、動画編集を仕事にしつつある女子大生を取材しました。

今回取材を受けてくれた、横浜国立大学2年 経営学部 西山咲枝さん

始まりは動画SNSから!友達に動画をプレゼント

ーー いつから動画を作っていたの?

西山:作り始めたのは、中学2年生の時からです!

当時、「MixChannel」 というアプリで動画をアップするのが流行っていて、スマホで簡単な動画を作ってアップしていました。

ーー MixChannelか!どんな動画を上げてたの?

西山:友達の誕生日に、お祝いの動画を作ってUPしたり、部活の引退の時に記念に作ったり・・・主に何かの記念につくっていました!

留学先で転機が。動画で思いを伝えた経験

ーー そんな小さな楽しみから、本格的に動画をつくり始めたのどんなきっかけだったの?

西山:本格的に作り始めたのは、留学に行っていた時です。
留学は高校3年生の1年間、アメリカのテキサスに行きました。
当時、英語で上手く感情を伝えられず、悩んでいました。ホストファミリーに、自分の気持ちを伝えたかったんです。自分もテキサスでの楽しんでいる、感謝していると。
でも、言葉にできなくて・・・。そこで、動画を作ってホストファミリーに見せたんです。
そしたら、とっても喜んでくれて。映像で気持ちを伝えられた経験でした。
それから、どこかに旅行に行ったりして、思い出ができる度に動画を作成するようになりました。

西山さんが実際に留学先で作った動画

動画づくりはスマホ1つでスタート!副業への可能性も

ーー 高校生の時に、感情を表現できるような動画を作れるってすごいね!動画作り難しそうだけど、どんなソフトで作っているの?

西山:スマホです!本当はPCがいいんですけど(笑) 「パーフェクトビデオ」っていうアプリの無料版です。でも、無料版だと1分間の映像しか作れないので、今は600円課金して、無制限で作っています。

ーー へえ!スマホ一つでこんなにクオリティの高い動画が作れるんだ。すごい。使いこなすまで時間はかかった?

西山:いえ、結構簡単です!今もそのアプリしか使っていないので、全然苦労はないです。Youtubeにも使い方が載っているので、勉強したりすればすぐ使えます!

ディズニーランドや旅行に行ったとき、とにかく動画を取りまくるんです!

3秒くらいのを、200本くらい。

ーー 200本!多くない!?

西山:多いですよね(笑)これは私の場合です!そして、そこからいい場面を抜粋して、スマホでつなげていく感じです!

ーー 私も今度だれかにつくってあげようかな!面白そう。実際に企業や個人からオファーが来たことはある?

西山:あります!ある旅サイトの動画クリエイターを一応引き受けています。カフェに行った時の動画を作成してほしいと依頼されているのですが、私自身カフェにあまり行かないので、まだ採用されたことはないです(笑)

ーー すごい!でもそうやって副業にしていけるんだね。将来も副業にしていきたいの?

西山:はい!そう考えています。
大学生でも、YouTubeの編集バイトなど結構あって、時給も1600円くらいなんです。求人を探すと結構そういうのがあります!引き受けて、今後副業にしていきたいなと。でも、そのためにPCでの編集を覚えないといけないので、いまPCを買うためにお金を貯めています。

ーー もし映像編集で稼げたら、家で仕事ができるしいいね!一人暮らしの学生にはうれしい。将来も映像関係の職につきたいの?

西山:いえ、将来は映像とは全く別の仕事がしたいんです。動画作りは趣味として、楽しい領域を超えてやりたくないので。

就活でも話せる!動画制作は自分の武器に。

ーー これって就活で語れそう???

西山:語れますね!「TranSe Salon」という動画作成コミュニティに所属しているんですが、その団体が主催するコンテストで学生賞をもらえたんです。賞をとってから、「副業にしようかな」とも思い始めて・・・。

ーー そういうコンテストとか,コミュニティは結構存在するの?

西山:はい!探せば月2,3回はあるんじゃないかな。サロンもいくつかあって、所属していると動画作成の方法など、他のクリエイターと情報交換できたりします!

ーー コンテストに入賞した経験は、就活でも話せそう!!!さえが思う、動画つくりの醍醐味って何??

西山:やっぱり、出来た動画を人に見せてリアクションを貰えた時が一番楽しいですね。
1時間くらいで作れるのですが、雰囲気にぴったり合う音楽を見つけたときはワクワクします!!
サロンの方やインスタのフォロワーも、いつも温かい言葉をくださいます。本当にうれしいです。

最近は、サークルの新歓動画を作ってます。あと、「お家でできること」をテーマに動画を作り、コンテストに投稿する予定です!

ーー コロナウイルスの自粛期間だからこそ意義ある活動だね。

西山:今、動画クリエイターってすごく増えてるんです。だから、副業にできるまでは長い時間がかかると思ってます。好きじゃないと厳しいかも。でも、時間がある大学生なら誰でチャレンジできると思います。

今の時代、ネットやSNSが普及していて、動画を見る機会も多くなると思います。写真では伝えられない感動や思いが、動画では伝えられるんです!

友達と遊びに行ったとき、いつも写真を取る係になっている人は、ぜひ簡単な動画を作ってみてほしいです!

西山咲枝さんのinstagram

https://instagram.com/saeyenishiyama?igshid=1iaeufxc1yb8m

2020年9月3日キャリア,趣味

編集担当者 青山裕香