【内定への裏技 】Twitter「就活用垢」の使い方を、大学4年生が語ってみた

2020年9月3日キャリア

こんにちは!大学4年生のアオヤマです。みなさんは、就活の情報収集に「Twitter」使っていますか?

私は、2月に就活を終えたのですが、バリバリ、使っていました。最近よく見かけるようになった、「就活垢」について、使ってみてわかったメリット、フォローすべきおすすめのアカウントなど、今日は語ります!

そもそもどんな情報収集をするの?

Twitterで私が調べていたのは、主に下記のような感じです。

①人事の人が発信している裏事情(面接のコツ、ESの書き方のポイントなど)
②ESの締め切り一覧
③思わぬ有益情報を探る(時事問題など)

特に、人事目線での面接のコツなどは、めちゃめちゃ参考にしてましたね・・・。面接対策の時に何度も読み返して使っていました。

「就活用」にアカウントを分ける理由

そもそも、「なぜわざわざ就活用のアカウントをつくるのか」についてです。

私の場合、「友達に就活に必死な姿を見せたくなかった」というのが本音です(笑)

就活関連のツイートをして「あ、就活で悩んでるんだ・・・」と思われるのも嫌だったし、就活に役立つツイートをいいねして、友達のタイムラインに表示されたりするのが、なんか嫌だったんです。

「そんなの気にしない!」という方は、わざわざ別で作る必要はないと思いますが、友達とつながっているアカウントとは分けたほうが、のびのび呟けるぞ!というのが、私の意見です。

就活用アカウントのメリットは?

次に、就活用アカウントで情報収集することのメリットをお伝えします。

①情報が新しい。

当たり前なのですが、Twitterの情報は新しいです。サマーインターンの締め切り日や、本選考の締め切り日を定期的に流してくれるアカウントがあったりします。これはかなりありがたかったです・・・・。自分で管理するのは大変です。

②同じ就活生とつながれる・情報交換ができる。

これは、私はやっていなかったのですが・・・・。アカウント名の最後に「@21卒」とつけておくと、同じ境遇の人同士でつながれます。同じ業界を志す者同士で、選考の状況を共有したりすることで、情報収集している方もいます。就活を始めるうえで、友達とは話しにくい内容も話せたりしますし、モチベーションの維持にもつながります。

やる気がなくなったときには、「就活 病む」とかで、Twitterで検索して、「自分だけじゃないんだ」と安心していました(笑)

③発信されている情報が簡潔なので、読み返しやすい。

Twitterは140文字の制限があるので、当たり前ですが「情報が簡潔」です。そのため、いいな、と思ったツイートをいいねしておくことで、面接直前などに後で読み返しやすいんです。「マイナビ」「リクナビ」でもよい情報は得られるのですが、やはり手軽に読めるTwitterは、スキマ時間にも読めてよかったです。

フォロー必須!おすすめTwitterアカウント4選

ここからは、私がおすすめするアカウント4選をご紹介します。

①ただの元人事@裏垢 さん

この方は、元人事の知見を活かして論理的に自己PRの方法を教えてくれます。最近は勉強会もやっており、好評のようです。ESの書き方や志望動機のまとめ方など、参考になったなあ。

②take@17年卒で採用担当 さん

現役採用担当のtakeさんは、就活に役立つ情報はもちろんのこと、「就活生のマインド」も発信しています。就活は選考落ちが続くと落胆し、メンタルがやられます。自分は大丈夫だと思っていても、確実に落ち込んだり不安になることがあります。そんな時、どのような心持ちでいるべきかなども教えてくれます。

③unistyle公式【就活支援サイト】

就活支援サイト「unistyle」の公式アカウントです。こちらでは主に、「選考の締め切り」「インターンの締め切り」を知ることができます。

インターンの締め切り情報などは、企業のHPに登録しないとみることができない場合が多いのです。気づいたら締め切りだった・・・。なんてこともざらです。(私はそれでサマーインターンに一つも参加できませんでした(笑))

締め切り情報以外にも、unistyleのおすすめ記事も流してくれるので、包括的に情報収集をしたい方にはお勧めです!

④したモン(就活ノウハウ・業界研究・時事ニュース)

したモンさんのツイートは、一番いいねしたかもしれません・・・。

面接対策、インターン締め切りはもちろん、SPIやWebテストの対策問題も流してくれるのがありがたい・・・・!

自己分析で、具体的に「どんな質問」を自分にすればいいかなど、画像でツイートしてくれるので、画像を保存するのもおすすめ。面接で聞かれる「時事ネタ」など、網羅的に役立つ情報をツイートしてくれています。語尾が「モン」なのもかわいいモン。

おわりに

私は就活垢を完全に「情報収集用(たまに愚痴用)」として使っていたので、フォロワーが特にいたわけではありませんでした。もし「一緒に頑張るコミュニティが欲しい」と思うのなら、同じ境遇の就活垢をフォローして、リプライを飛ばすのもいいと思います。これから就活する大学生は、コロナ不況の影響をもろに受けて、今年よりいっそう厳しい状況になることが予想されます。とにかく、就活は情報戦&メンタルケアが大事!Twitterをうまく活用して、就活を乗り越えましょう。

2020年9月3日キャリア

編集担当者 青山裕香