【横国 男子ラクロス部インタビュー】大学に入ってまで部活をする意味とは?

2020年9月3日部活

こんにちは!
新型肺炎の流行で、現在大学がオンライン授業に切り替わっている大学がほとんどだと思います。

その影響で、大学1年生はさまざまな苦労をしていると思います。サークル・部活から勧誘を受けて、自分の居場所を見つける機会が少なくなっていますよね。

そんな1年生に向けて、「部活に入る」という選択肢を紹介したいと思います。

今回は、横浜国立大学 男子ラクロス部の 松倉伸悟くんに、部活で得た経験についてインタビューしてきました。 彼は、筆者のゼミの同期でもあるので、とても率直な意見が聞けたと思います! 「大学に入ってまで部活をする意味は何だろう?」「サークルとは何が違うんだろう?」といった疑問を解消したい一年生は、ぜひ読んでみてください!

横浜国立大学 ラクロス部4年生 松倉伸悟くん(左)

部活に入るつもりはなかったのに、ラクロス部を選んだ理由

ーー大学に入る前は、どんな学生生活を想像していたの?

松倉:入学前は、部活をやろうとは全く考えてなかった友達作って、サークルに入って楽しくやる予定だったんだ(笑) でも、「なにか成し遂げたい」みたいな気持ちは強かったかな。幼稚園くらいから高校時代まで、ずっとサッカーをやっていたんだけど、あまり納得のいく結果が出せないまま終わってしまって。だから、何か新しいことはやりたいと思ってた。

ーー部活はいるつもりはなかったんだね。新歓を通して気持ちが変わっていったの?

松倉:そう。サークルの新歓にも行ったんだけど、なんかぴんと来なくて。やっぱり、ずっと部活をやっていた身としては、ラクロス部の雰囲気とか、本気になれそうな環境が魅力的に見えたんだ。やったことないスポーツだし、挑戦してみようと思って!

「全員が初心者から始める苦労」をどうやって乗り越えたの?

ーーラクロスって、高校からやっている人が少ない印象なんだけど、実際どうなの?

松倉:横国のラクロス部は、全員初心者だよ。そもそも高校でラクロス部があるところが、全国に数校しかないから、初心者が多いスポーツだと思う。

ーーみんな初心者の状態からスタートするのか!練習とか大変じゃない?

松倉:特定の指導者がいないから、先輩から主に学ぶ感じなんだ。初めてだからうまくいかないことだらけだし、俺の場合は手を使うスポーツをしてこなかったから、上達するまで時間がかかったな。

ーーじゃあ、結構下積みの期間が長いんだね。

松倉:そうそう。1年生の時は、ひたすら自主練をしてた。クロス(ラクロスに使う網のついたスティック)に触れている時間が長ければ長いほどうまくなるといわれて、大学でも自主練してたなあ。1年生のときはみっちり下積みで、2年生になったくらいから試合に出れる人もいたよ。俺は結構不器用だったから、試合に出るまでは少し時間がかかったな。

とはいえ、1年生でも「1年生大会」があるから、試合に出る機会はあるよ!めちゃくちゃ盛りあがったなあ。

ーー指導者がいない中、自分たちで考えて練習しているんだね。練習は週に何回あるの?

松倉:週5回、そのうち4回は1限が始まる前の朝の時間で、1回はナイターだよ。 部活は朝だから、夕方は普通にバイトできていたな。

ーー朝早いんだね!きつそう…!特に大変だったことある?

松倉:大変だったのは、毎年夏はすごくきつかった(笑) ラクロスって頭にも胸にも防具をつけるし、ボディコンタクトも激しいんだよね。だから、夏は毎回へとへとになってた(笑)

ーーやっていて、やめたいほどしんどかったことはあった?

松倉:さっきも言ったけど、俺は結構不器用なほうだったから、2年生の時に伸び悩んで、やめようか迷ってた。

ーーそうだったんだ…でも、今は試合でも活躍してるよね。どうやって乗り越えたの?

松倉:とにかく周りの人に相談した。先輩が気にかけてくれていたから、積極的にアドバイスをもらって、うまくいったプレイを明確にしていった。ビデオを見て勉強したりもしたな。 あとは、最初に入部した気持ちを思い出して頑張ってたかな。やっぱり、なにかを成し遂げたいという気持ちで入部していたからさ。しっかり踏ん張って、だんだん試合に出れるようになって。

ーー辞めちゃう人も多いだろう中、そうやってプライド持ってやれるのはほんとすごいよ。勉強との両立は大変だった?

松倉:空いている時間も結構あるので、意外とうまく両立できた。単位はほぼ落としたことない!

ーーそうなの!?私は何個か落としたのに・・・・(笑)文武両道だね

部活動生活を振り返って

ーー部活をやっていてよかったことはなに??

松倉:友達っていうより、仲間って呼べる存在ができたことかな。友達を超えた存在だった。大学に入ると、部活以外でそういう深い関係は作りにくいんじゃないかな。

ーー間違いない。サークルだとなかなか友達の域を超えるような存在には出会えないかも。

松倉:やっぱり、苦しいことも一緒に乗り越えたから、一生ものの関係が築けたと思う。部員同士の中もすごくいいし、上下関係も厳しくなくてフラットな感じだよ。壁がなくて、練習中も意見を率直に言い合える関係がある。プライベートでも一緒にご飯とか! ファミリーっていう縦割りのグループが6個くらいあって、「ファミリー会」っていうのも開催されてる。みんなでフードファイトとかして、楽しいよ!

ラクロス部の仲間

ーー縦割りいいね!すごく楽しそう。衝突したりすることはなかったの?

松倉:あったあった。1年生の時は、みんなのベクトルがバラバラで、チームとして苦労したよ。やっぱり、大学からラクロスを始めるから、部活にのめりこめなかったり、実力の差が出てきたりして…。でも、みんなで話し合ったり、練習を重ねていくうちに乗り越えていったよ。

部活は実際就活に有利なの?

ーー体育会って就活に有利なイメージがあるんだけど、実際どうだった?

松倉:実際そこまで有利な感じはしなかったよ。見た目が日焼けで黒いから、つかみは良かったかも(笑) でも、「ガクチカ」は話しやすかったな。やっぱり頑張ってきたことがあるから、その部分では有利だったかも!

ーーそうなんだ!体育会って、無条件に評価高いイメージがあったけど、意外とフラットにみられるのかな。OBとのつながりが、有利に働くことはあった?

松倉:10個上くらいの人まで、OB訪問に応じてくれていたよ!あと、OBが「就活相談会」を主宰してくれたり。そこはとてもありがたかったなあ。

ーーOB訪問って意外とアポとったりするのが大変だから、それはうれしいよね。うらやましい!

今年は「オンライン新歓」で勧誘活動

ーー今、学校がなくて新歓もできないと思うけど、新歓はどうしてるの?

松倉:InstagramやTwitterなどのSNSで情報を発信して、オンラインで進めてるよ。状況も厳しいし、例年よりは少ないけど、7人くらいの新入生が入部希望出してくれた。

ーーこんな大変な時期に7人も希望者がいるんだ!オンラインでもラクロス部の魅力が伝わってる証拠だね。 それにしても、今の一年生は学校がなくて大変だね。

松倉:本当に、いまの一年生は家でこもって大学生活を満喫できていない人が多いと思う。でも、オンラインで部活やサークルの情報は集められると思うし、学校が始まったら見学など積極的に言って、エンジョイしてほしいな。なにか新しいことに挑戦したかったり、いままでの学生生活でもっと本気になりたかったと後悔している人がいたら、部活に入ることもとてもいいと思う!

横国ラクロス部の詳細はこちら!

公式HP:https://ynu-lax-raptors.jimdofree.com/

Twitter:https://twitter.com/ynulax_2020

Instagram:https://www.instagram.com/ynu_lax_shinkan/

2020年9月3日部活

編集担当者 青山裕香